集客・ポスティング・チラシの事なら、株式会社Linkへ!(神奈川県平塚市Linkpost)

地域密着店のためのチラシ集客支援サイト

〒254-0061 神奈川県平塚市御殿1-22-22

受付時間:10:00~18:00(日祝を除く)

チラシ集客無料相談実施中

お申し込みはコチラから

2015年12月1日 【質問】反響の出るチラシってどんなのですか?

 ブログカテゴリー:チラシ



 

From:瀬間将

 

反響の出るチラシってどんなのですか?

こんな質問があったので、お答えします。抽象的ですが(笑)、お答えします。
僕がお答えして、さらに次に質問されるだろうことも予想して、それにお答えします(笑)。



全然かっこよくないチラシです。
熱意が伝わるチラシです。
心が動かされるチラシです。
オファーが魅力的なチラシです。
反響が「出た」チラシです。


全然かっこよくないチラシを目標に作って反響が出るわけでもないですし、熱意が伝わるだけで反響の出るチラシになるわけではありません。


真意は、お客さんが反応して商品を買ってくれた、サービスを買ってくれた、お店に来てくれたというその結果が、反響の出るチラシということなんです。

 

全然かっこよくないチラシというのはデザインを作りこまなくても十分に反響の出るチラシになります。デザインにこだわりすぎるとそれにとらわれて、伝えたい事が伝わらなくなってしまうこともあります。まわりのチラシがプロっぽいほど、目立ちます。(デザイン的にじゃなくて)


折込のチラシを見ても、家に入ってくるチラシを見ても、どうも刺激があるチラシには出会えませんよね。大手はプロのデザイナーさんが手掛けているんだろうなと思わせるかっこいいチラシだけど、ありきたり。つまらないのが多いです。

大手がプロのデザインというところ、ここが狙い目です。


まず、大手はかっこよくないチラシは使ってきません。チラシでの反響率よりも、他もメディア、つまりCMとかをうまく組み合わせて、イメージ広告を出すことによってブランドの構築をしているからです。

 


質問①
でも、そんな全然かっこよくないチラシ作ったら、
部下、上司、家族が、、、


いろいろな人を納得させないといけないですね。
でも、一番意見を聞かなくちゃいけないのは、見込み客、お客さんですよ。

つまり、広告の反応率です。あなたの部下はお金を払って買ってくれるんですか?そんな人の意見は聞く必要はありません。買ってくれるのはお客さんですから。


反響の出るチラシは、お客さんが決めるということです。

 

質問②
じゃあどうやってつくればいいのですか。
勉強してください。そしてテストを繰り返してください。ビジネスとはこういうことですよね。僕が答えとしてもそれは答えではなく、ヒントなんです。
頑張りましょう。





追伸
もしくはあたなにはもう一つの道があります。
こちらからどうぞ
 

 

←サザエさんって、、、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・繁忙こそやるべき事→