集客・ポスティング・チラシの事なら、株式会社Linkへ!(神奈川県平塚市Linkpost)

地域密着店のためのチラシ集客支援サイト

〒254-0061 神奈川県平塚市御殿1-22-22

受付時間:10:00~18:00(日祝を除く)

チラシ集客無料相談実施中

お申し込みはコチラから

2015年11月20日 記事風チラシはどの業種に向いているか。

ブログカテゴリー:チラシ



 

From:瀬間将

 

おはようございます。昨日のプレミア12、惜しかったですね~残念、、、
大谷選手がいいピッチングを、、、おっと、つまらない挨拶になってしまいました。ど素人の感想なんてつまらない以外ないですよね。
専門的なことは専門家に任せましょう。


11月7日に紹介した害虫駆除の機械のレンタルのチラシの
途中結果の発表です。それと今回はこの記事風チラシってどんな業種に向いているのか、考察してみました。


配布枚数500
問い合わせ10
契約4


1件の問い合わせ当たり50枚
1件の契約当たり125枚

結果はどうでしょう。1件獲得当たりの枚数が少し落ちてきましたが、驚異的な数字には変わりないと思います。テストは配布枚数が多いほど結果は安定してきます。この説明はいりませんよね。まだまだ配布していきます。

12月のニュースレターお楽しみにお待ちください。

ところで、記事風チラシってどの業種が使えるの?向いているの?というそんな質問にお答えしていきます。

少しおさらいも含めて説明します。

記事風チラシっていうと、デザインが記事風なら反響取れると思ったらそうではありません。どんなデザインかというと、アフラックのチラシで新聞みたいなイメージでいいと思います。読み物になっているイメージです。記事の内容は、アフラックのチラシの場合はお客様の声です。お客さんが買ってみて、使ってみてどうだったのかということが書かれています。

アフラックのチラシ以外にも検索するといろいろ出てきます。なかには新商品の説明を記事風にしていたりします。会社PRみたいなチラシもあります。つまり、記事風チラシというくくりでは内容は関係なく記事にすることは可能です。

Linkで作ったのはアフラックのチラシをパクっているので、お客様の声を記事にしています。もう、あなたはお気づきだとおもいますが、アフラックのチラシの秀逸なところは、お客様の声なんです。記事のデザインがいいわけではないのです。

少しデザインの事で補足すると、滅多に見ないチラシだから目立つといわれています。しかし、地域によっては蔓延しているかもしれないのでその場合は目立たないでしょう(笑)。


つまり、パクる場合は、秀逸なところをパクらないと反響は望めないので、お客様の声というのはひとつポイントです。

よって、お客様がいる業種は記事風チラシ、向いています。

すなわち、ほとんどの業種が真似出来ると考えています。

特に向いているのは、お客さんが会社ではなく、一般消費者の場合です。

記事風チラシのメリットを活かして集客するのが難しいのは、小売り業界ですね、、、

小売り業界の場合、商品について書くのではなくて、お店について書くといいかもしれません。


不動産、リフォーム、塾、レッスン、美容室、整体院、飲食店、不用品回収、、、
他にもまだまだいっぱいあります。どの業種も向いてます。

では、次の途中結果報告のときは、記事風チラシは何を伝えられるのか、何を伝えたらいいのかをお話していきます。




ー瀬間



 

 



←テクニックだけじゃ意味がない