集客・ポスティング・チラシの事なら、株式会社Linkへ!(神奈川県平塚市Linkpost)

地域密着店のためのチラシ集客支援サイト

〒254-0061 神奈川県平塚市御殿1-22-22

受付時間:10:00~18:00(日祝を除く)

チラシ集客無料相談実施中

お申し込みはコチラから

2015年10月30日 【写真瀬間です。】お客さんほったらかしの現実。

ブログカテゴリー:集客


 

from:瀬間将

 

お会いしたことない方、どうも初めまして。瀬間将と申します。いつもブログにお越しいただきありがとうございます。

今回は、写真を自分にしてみました。理由は一つです。
僕は、このブログでチラシに限らず、集客のノウハウを伝えしているのですが、瀬間ってどんなやつなんだと、信用できんのかと、そんなあなたの不安な要素をなくすためです。

ブログで写真を自分にするのは初めてなので、アクセス数のテストでもあります(笑)。

自分の写真をのせてみようと思ったきっかけなんですが、このブログを読んでいる方は、僕のこと知らない人が多いと思ったんです。

そうしたら、基本とも言える言葉を思い出しました。

ビジネスは顧客の獲得と維持

もっと分かりやすくいうと、新規のお客さんと取ることと、1回以上商品を買ってもらったり、サービスを使ったお客さんにリピートしてもらうということです。これがビジネスですよと。これが出来れば安定しますよ。成功しますよということです。

ここで自分は関係ないと思った業種の方、本当に関係のない話ですか、、、

売上を伸ばしていきたい方、安定して伸びていく売り上げが欲しい方には重要な話です。ですが、キャッチコピー変えて売上あげようと思っている方は、つまらない話になってしまうと思います。


ぶっちゃけた話をします。

僕らブログや、メルマガってなんで配信されているのでしょうか。
もう一つ、僕らのニュースレターってなんで先月から発行するようになったのでしょうか。

有料だったら、その資金で運営しているっていうのはわかるけど、無料って、、、
何で収益出しているの???これは僕らに限らず、無料でやっている理由って、、、

では、なんで僕らは配布報告書を送ってるの?
ポスティング業者は当たり前だからですか?

では、なかったらあなたはどう思いますか?
ちゃんと撒いているのか不安になるのでしょうか。不安になる方も、ならない方もいるでしょう。


なんで無料でやるのか、その答えは簡単。フォローアップです。お客さんをフォローするためです。もう一度、僕たちのサービスを使って欲しいんです。キレイゴト抜きにリピートしてもらいたいって思っています。

気持ちの話でいうと、飲食店の方が美味しい料理作って、美味しいと言ってもらって、もう一度来てもらいたいというのと一緒です。

フォローアップする理由は、新規のお客さん集めるよりも、一度使ったことのあるお客さんの方が、使ってもらえる可能性が高いということです。新規も集められます。でも、一度使ってもらったお客さんにアプローチしたほうが、広告費はかかりません。

新規のお客さんを集める大変さは、あなたも十分にわかりますよね。

フォローアップ、めちゃめちゃ大事です。せっかくお客さん来てくれたのに、みすみす逃していきたくないはず。

では、あなたのビジネスで、フォローアップって何をやればいいのか。

何でもいいんです。

例えば、僕たちと同じようにニュースレター、メルマガ、、、
かなり手間がかかります。でも、効果は大きいです。僕たちも始めて間もないですが、効果を実感しています。その期待できる効果は、お客さんが自分たちのことを忘れない。しっかりやっていることが伝わる。話題になる。会社や、人のファンができる。などなど。

手間以上の効果が期待出来ます。
最近、よく宮川が教えてくれることがあります。

売れている会社は皆めんどくさいことをやっている。皆めんどくさがってやらないから。

フォローするってことは、あなたのファンを作るってことなんです。
もし、あなたの業種にそっくりの大手が出てきたら、あなたのお店はどうなるでしょう。
お客さんは大手に流されないですか?大手は資金力があって、安売りもどんどん仕掛けてきますし、商品の品ぞろえ、サービスも多いでしょう。

あなたのファンになっていたらどうでしょうか。ファンになるってことはあなたのお店を選ぶ理由があるはずです。

例えば、この先生の塾に通わせていれば安心とか、この人から家を買いたいとか、ここのお店で買いたいとか、お気に入りのbarがあるとか、

ファンになってくれる人が多ければ多いほど、ビジネスは安定します。

ちょっと長くなりそうですね、、、


つづく

次回予告
もっとファンを増やしたい。それって自分の会社、お店に当てはまるの?
そんなふうに思いましたか。僕はいいました。なんでもいいんです。補足するのであればお客さんが必要なもの、知りたいことをフォローしていかなくちゃ意味がない。次回は、ニュースレターやメルマガ以外にもリアルビジネスに向けたフォローアップを紹介します。

 

 

 




←誕生日・・・でも、心理トリガー・・・・・・・・・・・・(株)Link内部情報漏えい?→