集客・ポスティング・チラシの事なら、株式会社Linkへ!(神奈川県平塚市Linkpost)

地域密着店のためのチラシ集客支援サイト

〒254-0061 神奈川県平塚市御殿1-22-22

受付時間:10:00~18:00(日祝を除く)

チラシ集客無料相談実施中

お申し込みはコチラから

2015年10月17日お客様の声が信用を失う!?


ブログカテゴリー:チラシ

 

from:片野大地

 

前に、ウチでやってる別事業のホームページを作る時にリサーチで同業他社のホームページを見ていました。全く初めての事業です。同業他社では、どんな業種のお客さんが多いのか。どの切り口でアプローチしようか。と考え、お客様の声のページにいきました。僕もうる覚えですがこんな感じのお客様の声があったんです。



「○○に契約してよかったです。っていうか、いつもみたいにタメ口でいいっすか?自分、車屋なんすけど店のチラシとか、ポップとか結構印刷するんすよ。(~中略)○○のおかげで毎月5万円は経費削減出来てマジ感謝してます!」みたいな文章が。


ある意味衝撃でした。まぁ、お客様の声は9割はねつ造だろうな。と思って読んでますが、ここまでねつ造感が半端ないお客様の声は初めてです。逆に信用を失ってるんじゃないかな?


ここまでひどいのは稀ですが、お客様のお声はただ載せるだけじゃ信用してもらえないって事を再認識しました。それとも、お客様の声を見ても大体「これホントかよ?」と信用しない僕がひねくれてるんでしょうか。(笑)


でも、実際あなたもそうじゃないですか?それっぽい文章なら誰でも作れちゃうじゃないですか。しかも、大前提として消費者はお店の言ってる事を信用しないってのもありますし。やっぱりお客様の声を信用させる工夫って必要ですよね。


自分が何か買う時にどんなお客様の声なら信用しますか?


・手書きのものがそのまま掲載
・お客さんと従業員が一緒に写った写真
・実名や会社名の公開
・文書がうさん臭くない
・お客様の声が何十件、何百件もある
・動画で推薦してる

などなど。要は、真実じゃなきゃ得られない証拠があれば信用しますよね。


もし、あなたのチラシに、ただお客様の声を記載してるだけなら信じてもらえてないかもしれません。「真実だ」という証拠を一緒に掲示して初めてお客様の声は活きるモノではないでしょうか。


そして、集めたお客様の声は盛らない。ねつ造しない。これも重要。文章は、人それぞれ癖というか特徴がありますよね。普段使わない言葉とか、言い回しはすぐに違和感を感じます。「爆発的に」「劇的に」とか、普段の言葉じゃ使わないですよね。売り手が良く見せたいって思って使う表現は大抵バレます。素直に載せましょう。


要するに、偽物は見抜かれるって事ですね。せっかく集めたお客様の声が信じてもらえないなんてすごくもったいない事です。信用してもらうためのお客様の声を信用してもらう工夫。やってみて損はないはずです。ここに書いたもの以外でも思いつくものがあればどんどん試してみてください。

片野

 


 

←費用対効果を最大にするチラシ・・・・・・・・・・・・・・・ポスティング界の生きる伝説!→

宮川徳生プロフィール

イメージ型のチラシ集客では無く、レスポンス型のチラシ集客をセールスプロモーションの段階から企画立案。
地域密着店の扱う商品やサービスの魅力を最大限に引き出すチラシ集客をもっとも得意とする。