集客・ポスティング・チラシの事なら、株式会社Linkへ!(神奈川県平塚市Linkpost)

地域密着店のためのチラシ集客支援サイト

〒254-0061 神奈川県平塚市御殿1-22-22

受付時間:10:00~18:00(日祝を除く)

チラシ集客無料相談実施中

お申し込みはコチラから

2015年10月15日チラシの反響ってなんぞや


ブログカテゴリー:広告

 

from:片野大地


 

今日、宮川と話をしていて確かになぁ。と思った事があったんで、皆さんにシェアしたいと思います。


皆さん、チラシの反響っていうと何枚配って、何件の依頼が来たか。何件問い合わせがあったか。何組来場したか。ってのを考えると思います。


で、チラシの反響を上げるっていうと、その件数を増やすことを考えると思うんですよ。そうすると、例えば3000枚で1件の反響を取りたい。とか考えますよね。


でもそれって、あんまり重要な数字ではないんじゃないかって事なんです。重要なのは、何件の優良な見込み客が取れるか。何件成約するか。何人入塾するか。これですよね。


というのも、宮川にあるクライアントさんから5000枚で1件の反響をとれるようにしたいって相談があったんです。そのクライアントさんは、工務店でちゃんとした職人が、しっかりした家を建てる。だから値段はそれなりにする。そんな強みを持ってる会社です。


当然、商圏は広いんで平塚市は全域100,000世帯、全てが対象。現状、約10,000枚で1件の反響を5,000枚に1件を目標にしたいって事なんですけど、一つ大きな間違いがあるんです。


その間違いっていうのが、土地から買ったら4,000万~5,000万はするモノを変える人がかなり限られる。つまり、商圏は広くても分母となるパイがだいぶ少ないって事です。


4,000万~5,000万の家を買える人は、年収700万以上の人だと思います。仮に、そういった人の割合が20%だったとしたら、見込み客になるかもしれない世帯は20,000世帯ていう事になりますよね。平塚市全域100,000枚配布したところで、20,000世帯からしか見込み客は獲得できません。
 

20,000世帯からしか見込み客が獲得できないのなら反響の件数ではなく、件数は変わらなかったとしてもより成約率を高める事に注力した方が結果売上に繋がるという事です。


チラシの反響というと、何件集客できたかってとこに着目してしまいがちですが、本来の目的は売る事です。何件反響があったかよりも、何件成約したか。いくら掛けて、いくらの売り上げが立ったのか。これが一番重要だと思いません?まぁ、言われてみれば当たり前のことなんですけど。(笑)


商品の特徴を並べても、キャッチコピーを変えても、写真を変えたところで成約率が上がるチラシにはなりません。その商品がどんなコンセプトで、どういった人に需要があり、その人たちがどんな欲求を抱えているのかをリサーチして、どういうプロモーションをしていくのか根本的に作っていかなくてはいけません。


一つの業界にいると、どうしても柔軟な考えが生まれなくなっちゃいますよね。ウチの業界はこれが当たり前だってなるとどうしても新しいアイディアが出てこなくなるものです。


本当に売上を上げたいと思い、実際に行動に移せる方、ぜひ無料相談会にお申し込みください。きっと、新しい気づきがあるはずです。
詳しくはコチラからどうぞ。



 

 



 

←姉のメリットと妻の気づかい・・・・・・・・・・・・・・費用対効果を最大に引き出すチラシ→