集客・ポスティング・チラシの事なら、株式会社Linkへ!(神奈川県平塚市Linkpost)

地域密着店のためのチラシ集客支援サイト

〒254-0061 神奈川県平塚市御殿1-22-22

受付時間:10:00~18:00(日祝を除く)

チラシ集客無料相談実施中

お申し込みはコチラから


2015年9月17日俺ならこっちのキャッチコピーを選ぶ!

ブログカテゴリー:集客

From:片野大地
事務所より


昨日の瀬間のキャッチコピーの話が大変好評だったので僕からもキャッチコピーについてのお話したいと思います。



昨日の瀬間の話の通り、キャッチコピーの役割は本文を読ませる。だったら「俺の欲求を満たしてくれるモノはここにあるかもしれない」ってキャッチコピーで匂わせれば本文は読んでもらえるって事ですよね。


じゃあ、どうやったらお客さんが欲しいって思ってくれるのかが分かればバシッと決まったキャッチコピーが出来上がるって事です。・・・まぁ、それが簡単に分かれば苦労しないですよね。(笑)


人に何かを売るのって難しいですよね。どうやったら売れるのか考え込んじゃいますよね。どうやって売るか・・・。売る、売る、売る、、、。


・・・僕たちも一消費者じゃないですか。だったら、消費者として、自分たちがどうやって「買う」にまで至ったかを考えればお客さんの心理がわかりますよね。お客さんの心理が分かって、売れるポイントが分かれば売れるチラシが作れるはずっですよ!


というわけで最近、何か買いました?


ちなみに、僕は財布を買いました。今まで使ってたのがだいぶ傷んでて、何かないかなって見始めたらメチャクチャ欲しくなっちゃって。結構派手なんで周りから止められたんですけど、今の財布ボロボロだしって論点全然変えちゃったり。もう欲しいって思っちゃたら周りの意見は関係ないです。(笑)


あなたも、こんな経験ありませんか?メチャクチャ欲しくモノがあると、頭の中その事ばっかりになっちゃて、俺はこれが無きゃダメなんだってなっちゃ足り。否定してくる奴にはなんでこれの良さが分かんないかなって説明したり。家族や友人に止められてり、何で買ったのって言われても自分なりの理屈で・・・。何てことありましたよね?


そうなんですよね。人って何か買う時はみんな同じなんですよ。つまり・・・


人は感情で物を買って、理屈で理解する


って事なんですよね。だから、人の感情を動かす事が出来れば売ることもできるんです。でも、人の感情を動かすのって何って話ですよね。


考えてみてください。子供に何かおもちゃを買ってあげる時って何で買うんですか?そのおもちゃがボタン押すと光って音が鳴るからですか?三段変形でカッコいいからですか?メチャクチャいい木で作ってる積み木だからですか?違いますよね?


子供の笑顔が見たいんですよね。


じゃあ、家族や恋人にプレゼントで時計を買いました。電波時計だから買ったんですか?フランクミュラーの時計だから買ったんですか?機械時計だから買ったんですか?違いますよね?


喜んでほしいから買ったはずです。


つまり、人の感情を動かすのはその商品の性能や特徴じゃなく、商品を得た先にある結果(これをベネフィットって言います)を想像した時なんです。


チラシの中でその結果を想像させることでチラシの反響は上がるって事なんです・・・。とりあえず話をキャッチコピーに戻しますね。


キャッチコピーの役割は、本文を読ませることですよね?キャッチコピーにベネフィットをダイレクトに入れちゃうと続きってあんまり気になんなくなっちゃうんです。だって、何が書いてあるのかわかるんですよ。


ドラマとか、映画の予告みたいに何となくわかるんだけどちゃんとはわからない。みたいに匂わせるのが一番パワーがあるキャッチコピーなんです。


例えば、


「開放感のある35坪の邸宅。新築分譲第2期販売開始」
新築の家の写真がアイキャッチ


「私たちの家づくりはここから始まりました。」
家の前で家主の夫婦との笑顔の写真がアイキャッチ


なによ?どっから始まっちゃったの?って気になりません?(笑)・・・冗談です。


普通の人は家を買うのって人生で1回の事なんでわからない事だらけだし、絶対に失敗したくないじゃないですか。後者の方が続きが気になっちゃうキャッチコピーだと思いませんか?


お気づきかもしれないんですけど、キャッチコピー練っていくと、おのずと全体像が決まり、必然的に本文の内容もほぼ決まるんです。チラシ全体を変えるほど重要なパーツなんで、理屈でわかっても簡単にはいいキャッチコピーは出てこないと思います。


実は、僕もつい先日まで大部考え込んでました。(宮川に助けてもらったんですけど)


ただ、この考えを知ってるか知っていないかで生まれてくるキャッチコピーは全く変わってきます。なに書いていいかわからないって時は、自分がお客さんだったら何が欲しいの?って考えると結構わかりやすくなったりします。キャッチコピーは短いですけど奥が深いですよね。


キャッチコピーは本文の5倍読まれる


って言われるくらい重要なものなんで今日の話がちょっとでもお役に立てたなら光栄です。


PS
ベネフィットを匂わすのは結構難しいです。もし現状ベネフィットを意識していなかったんなら、ダイレクトに入れちゃっても反響上げると思いますよ。




 

←あなたならどっちの・・・・・そのチラシちゃんと→